総量規制の施行で変わったこと

任意整理や自己破産など、多重債務者はまだまだ数多く存在しています。

2010年6月に貸金業法が改正されて、総量規制が施行されましたが、多重債務者をなくすためという目的はそれほど達成しているとはいえません。

多重債務者を減らすばかりか、今お金が必要な人が借り入れられなくなって困っています。

不況の社会情勢のために、収入が悪くなって年収が下がり、総量規制の施行のために必要な金額を借り入れられなくなっている人が増えています。

自営業者などで融資が必要だけど、経営の状況が悪く、銀行などでは借入ができない人が融資を受けたいときに、総量規制のために必要な金額を借り入れられないというのです。

これまでに借入があったような人は、年収の3分の1までしか借りられなくなって、非常に大変な状況になっている人がいます。これは、多重債務者と同様に困った状況といえるかもしれません。

貸金業法の改正は、グレーゾーン金利と呼ばれる金利を排除することになり、過払い金請求などをする人が増えたことで、カードローンを提供する金融機関にとっては、金利が下がるだけでなく過払い金の支払いに答えることになり、非常に厳しい状況になっています。

そのために、消えて行った金融機関は数多くあります。

これからカードローンを利用するという利用者にとっては、金利の低い商品が増えて、とても使いやすいカードローンになっていますので、メリットは大きいでしょう。

しかし、多重債務者はそれほど減ったとは言えませんし、総量規制のために借入ができなくなって困っている人もいます。カードローンを提供している金融機関も淘汰されてきました。

金利は低くなったかもしれませんが、利用者の使い方によっては、これからも多重債務に陥ることはあるでしょう。便利に使えるようになっただけ、容易に利用してしまうことがトラブルに陥る原因になるかもしれません。

カードローンは非常に便利に利用できるようになりましたが、利用するときは計画的にすることが大切です。

カードローンの返済はどれくらい遅れても大丈夫?

カードローンを利用して返済をしている人にとって、返済が遅れてもどれくらいなら大丈夫なのかは気になりますよね。

カードローンを返済している人は、毎月の返済日に利息を含めての返済額を支払うことになります。この返済日や返済額は、カードローンを契約するときに決められています。

ですから、カードローンでキャッシングを利用したら、返済日を守って返済するのが原則です。ついうっかり忘れてしまった、ということは通用しません。返済日に遅れてしまうと、返済が遅滞したということになります。

遅滞といっても、つい入金するのを忘れてしまって・・というような1日とかなら、特に大きな問題にはなりません。信用情報に記載されることもありませんので大丈夫です。

しかし、だからといって少しなら大丈夫と考えてしまうのは危険です。そんな気の緩みが大きな遅滞、延滞に繋がってしまう可能性はあります。返済日は必ず守るようにしましょう。

ついうっかりの遅滞の場合は、カードローン会社に連絡して入金の方法を確認しましょう。1週間程度の遅滞は、その月に返済したことにしてもらえるでしょう。

遅滞が度々起こったりすると、悪質と判断される可能性もあります。そのような判断をされると、一括で残額の返済を求められることもありますので、注意が必要です。

また、返済の督促などが来ても返済がなく延滞が続くようなことになると、信用情報に記載されることになってきます。信用情報が一旦記載されると、一定期間はその情報が残りますので、さまざまな支障が出てきます。

カードローンやキャッシングの申し込み、クレジットカードの申し込みができなくなったり、住宅ローンなどの目的ローンなどが利用できなくなったりする可能性が出てきます。

延滞になって連絡が取れないということになると、直ちに信用情報に記載される可能性もありますので、連絡は必ず取れるようにしておくことが基本です。返済できない状況であれば、自分からカードローンに相談をしておくのが、最も良い方法でしょう。

お金を借りるときは!